税務ノウハウ記事一覧

短時間勤務の非正規社員の健康診断を支援する助成金

短時間勤務の非正規社員の健康診断を支援する助成金

キャリアアップ助成金(健康診断制度コース)

パートタイマー等に定期健康診断等を行う場合に申請できる助成金です。

キャリアアップ助成金の健康診断制度コースは非正規社員が受診できる健康診断制度を新たに導入した事業主に支給されます。

初めにキャリアアップ助成金の計画届を労働局に提出し、認定後に就業規則に健康診断制度に関する規定を追加します。

延べ4人以上健診を実施すると申請できます。

中小企業の助成額は38万円(生産性要件該当で48万円)です。

対象となる非正規社員とは

以下の4条件にすべて該当する従業員

  1. 健康診断を受診する日に雇用保険に加入していること
  2. 所定労働時間が週20時間以上、かつ正社員の1週間の所定労働時間の4分の3未満。週の所定労働時間が40時間の場合は20時間以上30時間未満の非正規社員である
  3. 事業主、又は取締役の配偶者、3親等内の親族でないこと
  4. 支給申請日に会社都合等で離職した者でないこと(自己都合退職の離職は含まず)

対象となる健康診断

助成金の対象となる健康診断は雇入時健康診断、定期健康診断、人間ドックの3つですが1つ受ければ対象になります。

  1. 法令で受診必須の項目を含む健康診断をすること
  2. 事業主が健康診断の費用を全額負担すること(人間ドック費用の場合は半額以上)
  3. 計画書が労働局から認定される前に就業規則に制度導入の規定を入れないこと
  4. 対象の非正規社員が健康診断を受診したことを認証する病院の領収証を4人分提出すること

申請にあたっての3つの注意点

  1. 延べ4人ですので同じ従業員が雇用時健康診断と定期健康診断を受診すると2人分にカウントされます。
  2. 雇用保険適用事業所ごとに1回のみ申請。雇用保険事業所番号が複数ある企業は番号ごとに申請できます。
  3. 有期雇用契約者だけでなく長期間雇用されている無期雇用者も対象になります。

インボイス制度関連記事

  1. 消費税『課税事業者・免税事業者どっちが得』
  2. インボイス発行権限への恐怖
  3. 消費税インボイス制度いよいよ始動
  4. 今年の改正税法 インボイス事業者即時登録
  5. インボイス制度 適格請求書等のいらない課税取引
注目記事 最新記事
  1. 扶養控除とは何か?適用要件や控除額について徹底解説!
  2. 令和5年度税制改正大綱『個人所得課税編』
  3. <号外>自由民主党「令和5年度税制改正大綱」を公表
  4. 決算で減価償却費を利用した利益調整を行う方法
  5. 在庫が決算に与える影響とは?粉飾決算は在庫がポイント!
  1. 全国旅行支援利用の出張旅費精算-法人の会計と個人の課税
  2. 百貨店友の会積立金の所得課税と課税のタイミング
  3. マイナンバーカード健康保険証に寄せられた質問
  4. 令和5年度税制改正大綱『納税環境整備編』
  5. 令和5年度税制改正大綱『国際課税編』

税務知識ブログカテゴリー

PAGE TOP