M&Aを行う際には必ず相談相手が必要となります。
しかしM&Aをサポートしてくれる相手には、銀行などの金融機関、証券会社、税理士、弁護士事務所、仲介業者など多数存在します。
果たして、どこに相談するのが良いのか、相談するときのコツ、メリットなどをこのページでは紹介します。

M&Aの相談方法と料金

M&Aを考え始めた場合、多くは会計士や弁護士に相談するのがスタンダードでしょう。

相談する会計士や弁護士がM&Aのアドバイザーであったり、そういったネットワークを持っていれば良いですが、それ以外でもM&Aのサポートを行ってくれる業者はあります。

FA(フィナンシャルアドバイザリー)と仲介業者

M&Aの相談相手としてサポートしてくれる業者を大きく分けるとFA(フィナンシャルアドバイザリー)とM&Aの仲介業者に分かれます。
サービスや契約の点に異なり、それぞれの違いを以下にまとめてみました。

・FA
M&Aの計画立案から流れ、統合プロセスに至るまでの一連を主に行ってくれます。
契約先の利益の最大を目的として、契約先のアドバイザー契約となっています。

売り手、買い手を問わず、フィードバックは契約した側のみに請求します。
メリットとしては自社のためのアドバイザーを専門として行ってくれる点です。

・M&A仲介業者
売り手と買い手の中間に入り、あくまでも中立的な立場で双方の条件を確認しながら契約に導く仲介業者です。
紹介先とも仲介の契約を結んでいるため、M&Aの契約が完了したら双方からフィーを請求します。
メリットは比較的早い速度でM&Aが成約できる可能性がある点です。

FAと仲介業者、どちらに相談するべきか迷われるときもあるでしょう。
そんなときは初めから事業承継などの理由でとにかくM&Aの相手を探している場合には仲介業者を使うのが良いでしょう。
反対に、M&Aを戦略的に考えている場合、FAのほうがアドバイザリーが充実していると考えて良いでしょう。

相談相手は複数検討がおススメ

上記で紹介したものは一般的に言われていることです。
M&AのFAや仲介業者は数多く存在し、大手金融機関から個人事業主までいることからサービス内容も千差万別となっています。

M&Aを考えた場合、ベストなのは多少の時間を要しても複数の業者と相談し合って、どこにサポートをお願いするか?検討することは非常に大切です。

急を要していない場合、もしくはM&Aを検討し始めた段階であれば、FAと仲介業者、どちらにも相談してみて、提案してくれるサービスが自社にとってどちらが適切かを見極めましょう。

M&Aではより多くの買い手を比較するのが非常に重要であるうえ、契約は煩雑ですので経験を必要とします。
悩んでしまうようであればまずは調べて相談するところから始めましょう。

相談は無料の場合が多い

ここまで聞くと、本当にどこが良いのか分からなくなってしまうでしょう。
そんな時は1人で悩まずに、まずは相談することで時間を短縮することができます。

気になる業者を見つけたらまずは電話やメールなどでアポイントを取ってみてください。
相談だけであれば無料で行ってくれる場合が多いです。

また、売却希望である場合には相談の時点で、簡易評価によるおおよその自社金額を鑑定してもらえる業者も存在します。

M&Aの相談内容

M&Aを相談するにあたって、最初から難しく何を相談すべきかを考えていく必要はありません。
実際に最初の段階で相談する内容として多いものは以下のような内容が大半です。

・M&Aをすべきなのか否か?
・M&Aの進め方
・買い手が見つかるのか?
・株価算定の考え方、概算金額
・秘密保持に関して
・金融機関や税理士への相談

そのため相談していくうちに、また疑問などは増えてくると思いますが、難しく考える必要はなく、気になることを随時相談していく方向で良いでしょう。
つまり、こういった点でも色々な業者に相談するのが吉でしょう。

M&Aの相談相手

M&Aの相談相手には税理士や金融機関などがあるとお話しさせていただきました。
では、相談相手として選ぶ際にどのようなメリットとデメリットあるのかお話ししましょう。

税理士や会計事務所

自身で契約を結んでいる顧問税理士や会計士がいる場合には、M&Aの相談を持ち掛けるのはよくあるお話です。
そして、M&Aを進めていくためには税、会計の知識は必須と言えるため、M&Aのサポートをどこにお願いしようとも、必ず税理士、会計士のサポートは必要になります。

しかしM&Aに強い税理士や会計士は限られており、一般的な知識だけでは解決できない問題も出てきたりします。
そのため、他の専門家とのつながりがあるかどうかで、相談相手として判断して良いのか?の見極めになります。

税理士、会計事務所のメリット

税理士や会計士にM&Aの相談を持ち掛けるメリットとしては以下のようなメリットがあります。

・会社の決算業務など、経理面を把握している場合にはあらかじめ会社の経理面を知っているためスムーズに進む
・定期的に顧問業務を依頼していると、信頼関係があり相談しやすくスムーズ

税理士、会計事務所のデメリット

反対に税理士や会計士に相談するデメリットもあります。
デメリットとしては以下の通りです。

・M&Aに詳しいとは限らないため、サポートを受けられない、もしくは限られた部分だけのサポートになる
・小規模の事務所の場合には、横のつながりがないとM&A相手が限定される

金融機関や証券会社

金融機関や証券会社もM&Aのサポートを行っており、特に大手であれば専任がいたりするため非常に便利です。
しかし金融機関、証券会社共に、上場企業などに力を入れている場合が多く、フィーも高めに設定されています。

そのため中小企業のM&Aをあまり扱っておらず、サポートしてくれるかどうかのハードルが高くなります。

金融機関や証券会社のメリット

・専任がいるため、高い経験と知識を持ったレベルの高いサポートに期待ができます。
・広範囲の取引先を持っている可能性が高いため、ネットワークを最大限活用できる
・取引において、自社の状況を事前に話しておけば、自社のことを把握している分だけスムーズに進む

金融機関や証券会社のデメリット

・大手に力を入れているだけに中小企業がサポートを受けにくい
・フィーが高く設定されており、小規模のM&Aでは負担が大きくなる
・大きな組織だけにフットワークが重く、対応の迅速さに欠ける

弁護士事務所

顧問弁護士がいる場合には、既に信頼関係がある分だけ相談しやすいです。

弁護士の中にはM&Aの仲介、支援を率先して行っている事務所もあるため、実績と知識がある弁護士が対応してくれることも中にはあります。
またM&Aには難しい法律なども絡んでくるだけに、弁護士はM&A相談にとって非常に心強い味方となります。

弁護士のM&Aは本来、大手企業の専属分野として行っていたものの、近年では中小企業のM&Aを中心に行ってくれるパターンも増加傾向にあります。

しかしM&A相談を行う弁護士事務所も近年増加傾向にあるためか、まだM&Aに対して知識不足な事務所も中には見受けられます。

弁護士事務所のメリット

・M&Aに関係する書類は法律関係が多いため作成が非常に安心
・M&Aの相手候補とのトラブルを未然に防ぐ知識があり、仮にトラブル後でも大きなサポート効果が期待できる
・M&Aの契約後でも雇用や取引先などの法律関係において高いサポートが受けられる

弁護士事務所のデメリット

・M&Aの経験が浅い事務所は不慣れのため業務に不安が残る
・税務、財務に関しての詳しい専門家がいない場合には充実したサポートが受けられない
・小規模事務所を選択する場合には、繋がりがないと広範囲からM&Aの相手を選択できない

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナーも相談相手として存在しています。
しかしファイナンシャルプランナーは主に家計・個人の資産運用などの専門家となっており、M&Aとは少しステージが違います。

金融機関や証券会社に所属するファイナンシャルプランナーであれば、金融機関内の専門部署を紹介してもらえますが、個人ファイナンシャルプランナーを選択する場合、M&A相談としての対応は難しいです。

ファイナンシャルプランナーのメリット

・経営者引退後、M&Aで得た資金運用とライフプランの相談ができる
・M&A相談に絡む個人情報の提供がある場合でも、ファイナンシャルプランナーは基本的に個人相手のビジネスのため慣れており相談しやすい

ファイナンシャルプランナーのデメリット

・そもそもM&Aに詳しくなく、M&Aを遂行するにあたって必要となる繋がりが薄い
・M&Aを含め、企業の事業戦略面において相談する際には期待値が低い

M&A仲介会社

M&A仲介会社はその名前通り、M&Aの仲介を専属で行っているだけあって知識、実績もあって相談をスムーズに行うことができます。

中には業績の浅い小規模の仲介業者であったとしても銀行や証券会社でM&A、法人融資を経験した人間の集まりとなっているため、相談相手としては心配が少ない業者です。
またM&Aに必要不可欠な税理士、会計士、弁護士などが既に在籍している仲介会社もあり、繋がりに関しても幅広いため、スムーズな相談が期待できます。

ここではM&A仲介会社と書かせていただいておりますが、仲介のほかに広い意味で「FA」も含むとされています。
契約形態の違いはあるものの、共通することも多く、この言葉の示す意味、使われ方も事業者によって違っていたりします。

M&A仲介会社のメリット

・専門家が在籍している可能性もあり、繋がりもあるため、相談から最終契約までがスムーズ
・M&A相手候補を探すにあたって、幅広い繋がりから探すことができる
・金融機関や証券会社と比較すると、フィーが低めに設定されている。

M&A仲介会社のデメリット

・フィーによる収入しかないため、サポートがおろそかになり、M&Aの成立のみに注力を注ぐ業者も存在する
・表面上は売り手、買い手の中立立場であっても、買い手はリピーターになる可能性があることから、買い手寄りになる場合がある
・利益を最大限出すためにサポートを行うため、交渉自体が長期化する、結果決裂する場合も高い

M&Aの相談相手を選ぶポイント

M&Aの相談相手を選ぶ際には、悩むこともあるでしょう。
そこでここでは、いくつか選ぶポイントを挙げていきます。

またここで言う相談相手とはM&Aのサポートを行ってくれる業者と担当者、双方の意味を含んでいます。

実績が豊富

やはりまずは実績が豊富かどうかが大切です。

実績がある相談相手であれば成功事例、失敗事例共に経験しているため、的確に買い手を選定し、スムーズに進む可能性が高いです。
また専門的な知識やコツも持ち合わせている可能性が高いため、安心して依頼することもできるでしょう。

相談する際にはこれまでにどのような規模や業種を扱ってきたか確認してみると良いでしょう。

中小のM&A実績は専門のM&A仲介業者、大手のM&A実績は銀行、証券会社が実績豊富の可能性があります。

担当者が話しやすい

担当者の人当りはM&Aにとって非常に大切です。

M&Aは進めていく中で色々な交渉局面にぶち当たりますし、打ち合わせなども密に行うため、相性が悪ければコミュニケーション不足によって、適切な行動がとれなかった。結果的に買収候補企業へ不信感を与えてしまう恐れもあります。

また事業によってはM&Aは数年単位にわたる可能性も十分あります。

長期にわたってM&Aの困難なプロセスを乗り越える相手として、相性は非常に大切となるため、数字などの面で相性を図ることは難しいですが、会話をしていくうちに担当者との相性がどうか?は意識しておくと良いです。

迅速な対応がとれるかどうか

優秀な相談相手はとにかく対応が迅速です。

M&Aは一期一会と言っても良いでしょう。
つまり良いタイミングで出会うことが大切です。

仮に候補が少なかった場合でも、次々にと対応が早ければ限られた時間内に良い案件に出会える可能性も高まります。
また良い案件であればもちろん、複数の買い手候補が競合するため、他社に案件を持っていかれる前に、スムーズな対応で進めることができます。

優秀な相談相手だからこそ、M&Aにおける迅速さを意識しているものです。
何度か相談したくらいでは、担当者のスピーディーさを図ることは難しいですが、普段の相談時から担当者の対応の早さがどうか?を意識してみてください。

一概には言えませんが、対応の速さで言えば銀行や証券会社などは比較的遅い傾向にあります。

料金体系が明確・安い

当然のことですが、相談相手はそれぞれ料金形態が異なります。
着手金として支払っておく場合もあれば、成功報酬として%で支払う場合など、それぞれ異なるため、気になった相談相手がいた場合には、相談の見積もりなどを依頼するのが良いでしょう。

M&A仲介会社などは法人別で料金形態が大きく異なる場合があります。
その点、税理士事務所や弁護士事務所などは明確になっている場合が多いため、安心して依頼することができます。

専門性が高い

M&Aに関しての専門性は非常に大切です。
冒頭でもお話ししましたが、M&Aは会計、税務、法律などが確実に絡んでくる難しい業務になってきます。

この点で言えば最も心配がないのは税理士や会計士などの法律に詳しい専門家だと考えられます。

またある事業やある地域などに精通した専門性のある相談相手もいたり、高いサポートを受けられる期待が高いため、ターゲットとなる業種や地域などが決まっている場合には、初めからこういった専門性の高い相談相手を選ぶことでスムーズに進む可能性が高いです。

相談相手は税理士がおススメ

M&Aは長期にわたって交渉が続く場合もあったり、タイミング、相性が非常に大切になってきます。
その中で繋がりが薄い相談相手を選んでしまうと、後に必ず必要となる専門性(会計、税務など)に欠けてしまい、交渉が決裂してしまった事例も良くあります。

その点、専門知識を持ち合わせており、それを業務としている税理士であればスムーズに商談が進むのはもちろん、M&A最終契約後に何かトラブルがあった場合も安心して依頼することができます。

もちろんM&A相談を行うにあたって業種や規模などが大きく関係してきますが、見積もり相談であれば無料のため、まずは専門性も高く、後の相談がしやすい税理士を選択するのがお薦めでしょう。

Follow me!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP