会社を立ち上げる時の独立時や個人事業主などでも初期費用としてお金は必要不可欠です。

仮に会社を立ち上げた後でも軌道に乗せるまでのランニングコストや人材確保のための広告費など様々な場面でお金は必要です。
そのお金を効率よく回していくためには「資金調達」は経営者にとって疎かにはできない業務の一環と言えます。

もちろん多額のお金を貯蓄して自己資金のみで起業する人もいるかも知れませんが、現代の起業する人たちは資金調達を上手く行って起業し成功を収めています。

そこでこの大切な資金調達を効率良く行うためにも最低限の知識は欠かせません。

ここでは資金調達とはそもそもどんなものなのか、資金調達に関してどのような方法があるのか、資金調達に成功する大切なポイントなど初心者でも分かるような解説を行っています。

しっかりと読み上げ、知識を持って1人でも多くの方が上手く資金調達を行えるための記事を掲載していきます。

資金調達とは

資金調達とは文字通り資金を集めることを指します。
事業を行う際に必要な資金を外部から調達することで自身の事業を行う資本金を作る方法と言えば分かりやすいでしょう。

この資金調達ですが大きく分けて2種類に区分され、「資本と負債」に分かれます。
まず前者の資本ですが株式発行などによって得る資金のことを指しており、後者の負債は金融機関からの借り入れ、社債が挙げられます。

少し掘り下げると直接金融と間接金融に分けることができます。
双方の違いを簡潔にまとめてみました。

直接金融

株式、社債を発行することで投資家から直接資金を投資してもらう方法

間接金融

銀行などの金融機関を通じ、実際に資金を預けている人(預金者)と資金調達する本人が直接的に関与していない方法

このように資本調達には2パターン存在しています。

外部調達のメリット

会社を設立する際に必要となる資金ですが中には退職金や長年貯蓄を続けて貯めた資金で独立する人も中にはいます。

独立にはリスクも伴いますが自己資金であれば万が一会社が軌道に乗らなかった時でも借金だけが残ると言った最悪のケースを避けることができ、資金を失うだけで済みます。
しかし思うように貯蓄がない場合や突如成功しそうなビジネスチャンスがあった際に資金がなくては話になりません。

そんな時に外部調達できることで成功を収める可能性を最大限に広げることができるのが外部調達の最大のメリットです。
外部調達であれば過去に自己破産していないなどブラックリストに入っていない限りは資金調達が可能なため、多くの人間が資金調達を行い会社設立を行います。

資金調達の方法

ひとくくりに資金調達と言えど国の制度を利用する場合や個人投資家から支援してもらう方法など色々あります。
自分に合った方法で資金調達することで希望額の資本調達を行うことも可能なため、自身に合った資金調達法を選ぶ必要があります。

では外部調達の方法としてどのようなものがあるのか、解説していきます。

助成金・補助金制度

国や自治体などが独立者に向けて資金を支援してくれる制度です。
色々な条件や種類が豊富に存在しており、支給条件を満たすだけで資金調達することが可能です。

銀行などの金融機関から借り入れを行うわけではなく、「国が認めた制度」のため返済する必要がないのが最大の魅力です。
独立して自分で会社を持ちたいけれど資金に困っている人や資金が思うようにない若者にも支給される可能性があります。

[clink url=”https://zeiri.pro/service/fi4/ “]

金融機関から借り入れ

メガバンク、地方銀行など金融機関から資金を借り入れする制度です。
ビジネスローン、事業融資、事業ローンなどが該当します。

助成金や補助金制度とは違い、借入のため返済義務が生じます。
あくまでも「お金を借りる」と言う意味で捉えてください。

住宅ローンなどと同様に実績のない事業や返済能力の有り無しなどで借り入れできる金額も変わり、経営者の資質によって融資金額に変動があります。
外部資金がどれだけ支援されるかは個人差があるため独立する場合には自己資金をいかに用意できるかが重要になってきます。

日本政策金融公庫

日本政策公庫とは、上記でお話しした一般の金融機関から資金の融資を受けることが難しい小企業へ貸し出しを行っている機関です。
一般の金融機関と比較すると上限などが設けられていますが、低金利かつ長期返済のプランもあるため非常に理想的な借り入れ先です。

地方自治体の融資制度

預託金や利子補給があり日本政策金融公庫と同じく低金利で借り入れを行うことができます。
地域の民間金融機関に対し制度融資のあっせんを行うことで金融機関が融資に対して信用保証協会から公的債務保証をしてもらいます。

債務保証が行われることで企業者は長期的に低金利、固定金利で融資を受けることができる一方で、金融機関は信用保証協会からの保証を受けているため、独立者のリスクを考慮せずに融資してくれるメリットがあります。

個人投資家からの出資

ここまで借り入れや機関を使う制度のお話をしてきましたが、出資を受ける方法もあります。
出資を受ける場合は出資先を個人で見つけてこなければいけません。身近で言えば親戚関係なども該当します。

出資と言うケースを選択する場合、借入とは異なるため資金の返還、利息等も個人間のやり取りで決定するケースが多数です。
また出資のため利益が発生するまでは出資者へ利益配分する必要性がないのも魅力です。

しかし出資者には議決権が存在し、解任等に関する権利行使等、役員の選任、事業に関与する権限を事業者に委ねることになるため留意が必須です。

資金調達のコツ

資金調達に関する主な方法をご紹介させていただきました。
どの資金調達法が良いか、独立資金にはいくら必要なのかは今現在の自己資産力や将来の事業内容によって大幅に変わってきます。

また該当して言えることは「事業計画書」が非常に大切です。
金融機関にしても個人出資にしても、計画性のない事業にはお金を出資してくれる人がいないからです。

・自分が行おうとしている事業には資本金がいくら必要なのか?
・ランニングコストを踏まえた金額はいくら必要なのか?
・どのようにして事業を進めていくのか?

など資金調達を行う際には、資金調達に詳しい税理士などの専門家に相談して、確実に資金調達が行える段取りを整えてから申請すると資金調達の確実性が上がります。
しっかりと準備を整え、資金調達に挑みましょう。

Follow me!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP