事業を行うにあたって会計事業は必須業務になります。
これまでに紙や書類を中心に会計業務を行ってきた経営者や個人の事業主、経理や会計担当者も会計ソフトを導入して効率化を図りたいと言う方が近年増え続ける傾向にあります。
会計ソフトはインストール型が大きな割合を占めている現状ですが、近年ではクラウド型のシェア数も増えつつあります。
各企業の提供する製品、サービスの違いをしっかり把握することができれば、自社にマッチングした会計ソフトを選択することが可能です。

このページでは以下のことを中心にまとめています。

・会計ソフトの種類
・会計ソフトは素人でも使える?
・会計ソフトのメリット
・会計ソフトの金額
・会計ソフトはどれを選択すればいいのか

基礎知識と選び方をしっかと把握し、自身に合ったソフトを選びましょう。

会計ソフトとは

会計ソフトとは、会計に関する処理を効率的に行ってくれるソフトウェアの総称です。
会計と聞くと簿記や専門的な知識、資格なども必須で数字に強くなければできないのでは?と思う方も多くいるかもしれません。

しかし現代ではソフトの普及によって会計知識がない方でも簡単に記帳を行うことが可能です。

会計ソフトは勘定科目を選択し、入力していくだけのシンプルな作業です。
これによって面倒であった貸借対照表や損益計算書の財務諸表も自動作成することが可能です。

勘定科目を選ぶときなどもこれまでは専門的知識が必要でしたが、会計ソフトの種類によっては、仕訳がわからない場合サポートを行ってくれるサービスまであります。

会計ソフトには大きく分けてインストール型、クラウド型の2種類あり、それぞれには特徴やメリットがありますので、以下で紹介していきましょう。

インストール型の特徴やメリット

冒頭でもお話ししましたが、現在会計ソフトを導入している企業などは8割がインストール型となっています。
これは従来から使われてなじみ深いと言う理由もあります。

インストール型はソフトをインストールしているパソコンですべて処理を行えるソフトです。

購入するための方法としてダウンロード型とパッケージ型の2種類あり、機能に違いはありませんがインストールする際にパッケージ型は印刷物、CD-ROMから、ダウンロード型はメールやインターネット上からインストールする違いがあります。

初期にかかる必要経費としてクラウド型と比較すると割高になる傾向が高く、物によりますが数万円~数十万円するものまで幅広くありますが、1度インストールしてしまえば、永久に使い続けることが可能です。

デメリットはインストールしたパソコンのみで作業を行うため、USBなどにバックアップを取っておかないと、インストールしたパソコンが壊れてしまった際にデータの修復ができない、情報のシェアに手間がかかる点となります。

クラウド型の特徴やメリット

近年ではクラウド型も普及し始めています。
クラウド型はデータをオンライン上で共有することが可能なため、複数のパソコンで情報共有することで利便性が非常に高いものとなっています。

銀行口座やクレジットカードとも連携しており、自動で記帳する機能なども備えている製品があり、無知でも会計作業ができるものとなります。

しかしデメリットとしてはインストール型と違い、インターネット上で作業を行うため、回線速度によっては快適に作業できない場合もあります。
費用もインストール型とは異なり、月々や年間での支払いとなるため、コスト面でも負担が大きくなる恐れがあります。

また、インターネットを使用してとお話ししましたが、情報共有が簡易的にできてしまう反面、外部との連携機能などがセキュリティー面でもリスクが大きくなる場合があります。

主要会計ソフトと導入費用

シェア率の高い会計ソフトをいくつかピックアップしてみました。
各会計ソフトのキャッチコピーと費用のまとめとなります。

クラウド会計ソフトfreee

「会計業務をかんたんに、大幅効率化!自動帳簿作成から管理レポートまで」
参考リンク:クラウド会計ソフトfreee

会計ソフトfreeeは、クラウドと謳っているように、クラウド型の会計ソフトとなります。
30日間の無料トライアルがあり、優良プランでは法人向け、個人事業主向けに分けられ、価格は以下のようになります。

■個人事業主向けプラン
スターター 月払いは980円、年間で9800円
スタンダード 月払いは1,980、年間で19,800円
プレミアム 月払いはなく、年間で39,800円

スターターは確定申告など簡易的なものを行いたい方にお薦めです。
スタンダードは日々の経理計算、確定申告などを行いたい方に、プレミアムは複数の店舗経営などを行っている方にお薦めとなっています。

■法人向けプラン
ライト 月払いで1,980円、年間で19,800円
ビジネス 月払いで3,980円、年間で39,800円

ライトは起業したばかりの小規模企業向けとなっており、ビジネスはクライアント、従業員や部門などを事細かに管理したい会社向けとなります。

個人主向けでも法人向けでも管理者を含めて合計3名までは無料で利用することが可能です。
個人向けのプランのスターターを選択する場合には、4人目以降は使用することができませんが、スタンダードでは追加で月額300円、もしくは年間で3,000円を追加料金で支払うと、管理者を追加することができます。

法人向けプランも同様に、4人目を追加したい場合には、同様の金額で追加することが可能です。

弥生会計18

会計業務に必要な機能をしっかりカバー。

参考リンク:弥生会計18

弥生会計18のパッケージ版はインストール型の会計ソフトとなっております。
小規模から中規模の企業に向けたサービスで、スタンダードプランとプロフェッショナルプランがあり、更にプロフェッショナル2ユーザーと言ったプランを選択することも可能です。

スタンダードプラン 42,120円
プロフェッショナルプラン 78,300円
プロフェッショナル2ユーザー 103,680円

※価格は最安値を記載しています。
セルフプランやベーシックプランなどに応じて金額に変動があるため、公式ページをご確認ください。

スタンダードは日々の記帳、集計、決算まで行うことができ、プロフェッショナルは部門管理、経営分析にも使用できる機能が追加されています。
プロフェッショナル2ユーザーは上記の機能に加え、2名でシェアをしたい人に向けて販売しています。
一番安値のスタンダードは2台運用は不可となっておりますが、プロフェッショナルプランは2ユーザーを選択することで、複数台の運用を行うことが可能です。

MFクラウド会計

バックオフィス業務の面倒な作業を効率化

参考リンク:MFクラウド会計

MFクラウド会計ソフトはクラウド型の会計ソフトとなります。
フリープランでは無料で50件まで仕訳することが可能で、その他にはライトプラン、ベーシックプラン、バリュープランがあります。

ライトプラン 月払いで1,980円、年間で21,780円
ベーシックプラン 月払いで2,980円、年間で32,780円
バリュープラン 月払いで3,980円、年払いでは対応していません。

ライトプランは従業員が5人ほどの小規模企業、ベーシックプランでは5人以上の企業、バリュープランはオフィス全体の効率化を目的として使われる場合が多いため、自社に合ったプランを選択しましょう。

会計ソフトの選び方

数ある会計ソフトの中からどれを選択すればよいのか分からなくなることも多いかと思います。
そんなときは自身の会社の規模や導入する際、またはした後のコストを頭の中に入れておきましょう。

経営が安定している業務規模が大きい会社で、会計の知識を生かしつつ社内で本格的な運用を始めるのであればインストール型を選択すると良いでしょう。
反対にまだ会社規模が小さい、個人事業主が会計業務を行うのであれば機能面にも優れたクラウド型が良いとも判断できます。

コスト的に考えるのであれば、月々の支払い義務がないインストール型に軍配が上がりますが、クラウド型は事業規模や会社の形態に合わせて利用できるプラン変更可能な点が強みとなります。

どちらを選択するとしても、使い勝手の良いソフトを選ぶためにはなかなか難しい場面も多いでしょう。
そんなときは会社が提供しているフリープランを活用してみてください。

税理士選びでは対応会計ソフトも重要

顧問税理士やこれから顧問契約を考えている場合には、どの会計ソフトを使っているかを確認することが大切です。

顧問契約時に、ソフトは対応していないため、変えてください。対応していないため受け付けることができません。などとお断りされてしまう場合もあります。
このような問題が発生しないためにも事前にどの会計ソフトに対応しているのかを確認するようにしましょう。

会計ソフトによっては顧問税理士を追加ユーザーにしようとしたときに、独自に認定している税理士だけ会計ソフトに追加することが可能となっているパターンもあるため注意が必要です。

Follow me!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP